前年度事業報告

2018年度事業の内容の説明

1 事業の成果 及び 事業の実施に関する事項

事業の成果
  • スターバックス、マリオット・インターナショナル、フォーシーズンズホテル、サラダストップ、ユニリーバが日本でのケージフリーへの移行を確約した。
  • 国内でも三陽商会、しまむら、サンコー商事、ナフコが、海外ブランドでは、シャネル、ゴルチエ、コーチ、バーバリーなどがファーフリーになった。プラダもキャンペーンにより毛皮削減を宣言した。
  • アニマルライツセンターを含む3団体で行う美しさに犠牲はいらない(Cruelty Free Beauty)でのキャンペーンによりピアス株式会社が化粧品の動物実験廃止を宣言し、2018年度内に廃止した。
  • 最重要である畜産の現状の把握が大きく進んだ。多数の農場と屠殺場について把握することができた。
  • 東京五輪におけるアニマルウェルフェアの重要性、アニマルウェルフェアの国による推進の必要性、と畜場と輸送時のアニマルウェルフェア、動物愛護管理法の農水省での指導推進について、国会議員に対し問題提起を行い、複数名の議員により参議院・衆議院の各委員会での質問が行われた。
  • アニマルウェルフェアやヴィーガン、その他個別の動物虐待事例について、多くのメディアに取り上げられた。
  • アニマルライツセンターが問題提起をし、改善を促してきた廃鶏の長時間放置について3度の通知(農林水産省・厚生労働省・環境省の3省から)と、厚生労働省の調査が行われる。畜産動物の福祉に関して国が積極的に動いたのはこれまでで初めて。
  • オリンピックメダリストら10名が東京五輪の畜産物のアニマルウェルフェアについて指摘。Legacy For Animalsキャンペーンを、メダリスト、アニマルライツセンター、THLジャパンとともに開始した。
  • これまでまとまった情報がなかった日本の畜産動物のアニマルウェルフェアとアニマルライツに関し、日本語のテキストを作成し配布を開始。
  • 鶏複数羽をレスキュー。また日本初のファームサンクチュアリの設立を支援した。
  • 藤崎八旛宮の例大祭について世論喚起、および告発を行い、改善につながる一歩となった。
事業の実施状況

(1)特定非営利活動に係る事業

事業名事業内容期間事業場所従事者人数受益対象者
1:野生動物の保護に関する事業
なし
2:アニマルライツ・アニマルウェルフェアに関する事業
2-1:動物問題全般に関わる事業
啓発
  • アースデイ東京、環境デーなごや、Vegan fest Fukuokaに出展
  • 畜産動物、毛皮、展示動物等について、各種新聞、テレビ、雑誌等に寄稿、取材への対応を行った
  • 公式サイト、メールマガジン(1671名が参加)、SNS(Facebook Twitter Instagram、youtube)の更新、情報発信を行った
  • ARCニュース(会報)を年3回発行した
  • アニマルライツに関するチラシを約9万枚、毛皮反対に関するチラシ5万枚、フォアグラ反対に関するチラシ3万枚、畜産動物の現状に関するチラシ4万枚、環境と健康と畜産問題に関するチラシ6万枚、サーカスでの動物利用に関するチラシ2万枚の配布を行った
  • パネル展を埼玉県川越で12回行い約36,000人にアプローチした
  • 秋田駅前で2回のパネル展、成人式でのチラシ配りを行った
  • 海外アーティスト(ポール・マッカートニー)のコンサート会場でチラシ配布を行った
  • アニマルライツセンター公式サイトのリニューアル(スマホ対応含む)に着手した
通期東京都、長野県、秋田、愛知、兵庫、京都、神奈川、埼玉20人動物の問題、現状を知らない人約50万人
人材育成に関する取り組み
  • ボランティア会議(定例会議)を11回行った
  • 動物の問題を勉強したい学生のインターンの受け入れを行った
  • アニマルライツセンター学生部(Animal Rights Center Students)を運営、勉強会や懇親会、大学等でのチラシ配りを開催した
  • アニマルライツ勉強会を東京での11回、大阪で1回開催した
  • 大阪で動物愛護法改正勉強会を行った
  • 新潟県(新潟動物ネットワーク主催)での講演を行った
通期東京、新潟、神奈川、大阪、北海道20人動物問題、持続可能性に関心のある人
持続可能性・消費者倫理に関する取り組み
  • 「消費から持続可能な社会を作る市民ネットワーク」で、企業のエシカル度を調査する企業のエシカル通信簿作成、市民が商品を選びやすくするWEBサイトぐりちょの作成に携わり、主に動物分野を担当した。また当ネットワークが主催したエシカル通信簿発表会とセミナーでの講師を務めた
  • 消費者庁および消費者教育に関係する委員に消費者教育に動物への配慮を含めることを要望、働きかけを継続した
  • 日本エシカル推進協議会に理事団体として参加、エシカルラボでの発表を行った。またサイトのリニューアルを担当しエシカル消費のナレッジベースを作成した
通期東京・京都2人動物問題、エシカル消費、環境問題等に関心のある人
動物愛護法改正に関する事業3団体でのパートナーシップの元以下の活動を通年に渡り継続。

  • 動物愛護法改正について、他団体とロビー活動を展開。
  • キーとなるの国会議員に働きかけや話し合いを行った
  • 国会議員などへのお願いを呼びかけるキャンペーンを行った
  • 要望案、逐条案を検討し、作成した
  • 実験動物の規制に関し京都大学iPS細胞研究所に公開質問を行った
  • 超党派犬猫ゼロ議連のプロジェクトチーム、条文検討や、各党の検討時における情報提供を行った。
通期東京2人国会議員・動物問題に関心のある人
問い合わせ対応
  • 問い合わせに対応(年間およそ200件)
通期東京4人200人
2-2:パートナー動物に関する事業
地方行政への取り組み
  • 神奈川県保健福祉部、川崎市、横浜市と、不良飼い主や動物取扱業への指導マニュアル、動物の譲渡時の不妊去勢の徹底、震災時の対応等に関して交渉を行った
5/1~12/31神奈川県1人神奈川県民
企業への取り組み
  • 爬虫類等エキゾチックアニマルの展示販売イベントでの調査を行い、改善を要望した
通期東京2人ペットに関心のある人
不良飼い主への取り組み
  • 不良飼育状態や不正な業態の生体販売業者に対し、意見を行った。また地方行政からも指導を行っていただいた
  • 不良飼育されていた犬の里親募集を行った
通年東京、神奈川、山梨2人ペットに関心のある人
啓発
  • 犬猫問題の専用サイト、SNSでの情報発信を行った
通年東京5人動物の現状を知らない約5万人
2-3:畜産と環境に関する事業
啓発
  • バタリーケージの卵を食べたくないキャンペーンのサイト運用
  • 畜産動物の現状を伝える専用サイトとSNSでの情報発信、動画の編集
  • お母さん豚を閉じ込めないでキャンペーンへの著名人のメッセージを増やし、周知を図った
  • エコプロに出展、畜産と環境問題の啓蒙を行った
  • 渋谷駅前で消費者に対しフォアグラ生産、卵生産、豚肉生産、牛乳生産、鶏肉生産、畜産全般の実態を伝えるアクションを行った(毎月3回程度)
  • 渋谷駅前で動画を使用した啓発活動を毎週日曜日に行った
  • WEBマガジン、雑誌に畜産動物の現状について寄稿した
  • 著名人やメディアに畜産動物の現状について情報提供を行なった
  • SNSでの広告配信を行なった
  • ドキュメンタリー映画THE LAST PIGの上映を行った
  • ドキュメンタリー映画73Cowsの翻訳を行った
  • 屋台大学、横浜国立大学の授業、北海道、八王子(まなびつなぐ広場主催)、エシカルコンシェルジュ(エシカル協会主催)での講演を行った
  • SNSでの広告の掲示
通年東京5人動物の問題、現状を知らない人約55万万人
行政に向けた取り組み
  • HSIとともに、OIE(世界動物保健機関)の鶏のアニマルウェルフェアコード案に対しての農林水産省との話し合い、及び意見提出を行った
  • アニマルウェルフェアの取り組みを要望するためのロビー活動
  • 国会議員による環境委員会、農林水産委員会、厚生労働委員会での答弁についての情報提供を行った
  • 屠殺場の調査及び改善要望を行った
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピックの畜産物の調達コードのアニマルウェルフェア向上に向けた関係者に対する働きかけを行った。オリンピックアスリート10名の賛同を得て、キャンペーン(Leagacy for animals)を開始。さらにアニマルウェルフェア向上を求める署名提出し、話し合いを行った
  • 企業にケージフリー卵への切り替えを促す国際連合Open Wing Allianceに参加。全国サミットに参加した。またスターバックスに対する世界キャンペーンを行い、日本でのケージフリーへの移行が決定した
  • 神奈川県保健福祉部と、畜産動物に関して交渉を行ない、神奈川県下のと畜場に対し係留時の飼養面積の改善に関する資料を配布してもらった
  • 食肉加工会社株主総会 株主へ「妊娠ストール廃止」のアピール活動
通年東京3人不特定多数
調査
  • 複数の畜産施設及びと畜場に関する調査を行い、情報を公開した
  • 畜産動物の飼育環境についての認知度調査を行い公開した
  • アニマルウェルフェアの研究や情報を翻訳ボランティアメンバーで多数飜訳した
  • 採卵鶏の出荷時における長時間放置の実態を調査し、公開。改善を各所に働きかけた
  • 食鳥処理場で生きたまま熱湯につけられる鶏の状況について調査し、情報を公開、改善を働きかけた
  • アニマルウェルフェアに関連する海外の法規制、国際基準等の日本語訳の充実を行った
  • アニマルウェルフェアの技術的な情報の収集を行った
通年東京・大阪5人不特定多数
企業に向けた取り組み
  • フォアグラを扱っているホテル等に対しフォアグラを扱うべきではない旨の要望を行った
  • 妊娠ストール廃止、バタリーケージ廃止を含むアニマルウェルフェアの向上、及びアニマルウェルフェアポリシーの策定を求め、複数の企業と話し合いを行った
  • バタリーケージの廃止を企業に対して求める署名を開始し提出
  • 妊娠ストールの廃止を企業に対して求める署名を開始し提出
通年東京20人不特定多数
2-4:衣類等の素材になる動物に関する事業
啓発
  • 毛皮の専用サイト、毛皮反対デモ行進用サイト、SNSでの情報発信、動画の編集
  • 毛皮反対のためのポスターの配布、掲示し(約200枚)、掲示したものをサイトに公開、ポスターも増刷した
  • 毛皮に反対するアクションを毎月、アンゴラに関するアクションを2回、9月から1月には動物性衣類全般に関するアクションを毎週渋谷駅前で行った
  • 新宿駅および原宿駅前での毛皮反対チラシ配布を行った
  • 東京ガールズコレクション会場前で動物性素材を使わないように呼びかけるアクションを行った
  • 11月10日に東京での毛皮反対デモ行進を行った
  • FUR FREE FRIDAYという世界同時イベントに参加、川越でのデモ行進を行った
通年東京・神奈川・埼玉500人毛皮の問題、ファッションに関心を持つ人約40万人
企業に対する取り組み
  • 毛皮を扱わないメーカーに対しFUR FREE RETAILERプログラムの紹介した
  • アパレル企業にリアルファーの取扱廃止を求める要望を行なった
  • ペットグッズの企業に対しリアルファーを使った動物のおもちゃの製造販売の中止を要望した
通年東京4人毛皮動物の問題に関心を持つ人
国際協力
  • FUR FREE ALLIANCEメンバーとして、日本の毛皮消費状況等について海外に向けて情報発信を行った。プラダに対するキャンペーンを行った。
通年東京・東アジア2人東アジアの人々
2-5:実験に利用される動物に関する事業
企業に対する取り組み
  • 美しさに犠牲はいらない実行委員会(CFB)で、ピアス株式会社に化粧品(医薬部外品含む)での動物実験廃止を求め、キャンペーンおよび交渉を行った
通年東京1人化粧品を利用する人々
行政に対する取り組み
  • 神奈川県保健福祉部と、動物実験施設の調査等に関して交渉を行ない、神奈川県下の動物実験施設に対し、動物愛護に関する法規制等の通知を毎年行うことを実行してもらった。また把握している施設へのアンケート調査を行ってもらい、1件について指導が行われた
5/1~12/31神奈川県1人動物実験に関わる人
2-6:展示動物に関する事業
啓発
  • サーカスに動物利用をやめてほしいと訴えるチラシを、動物を使ったサーカス会場付近で配布
  • Empty The Tanks2018のアクションを水族館前で行った
  • 渋谷駅前で水族館の動物たちの扱いの非倫理性を訴えたアクションを行った
通期東京・神奈川2人動物の問題、現状を知らない人
行政・企業等に対する取り組み
  • 沖縄県糸満市の糸満ハーレーで行われるアヒル取り競争の中止及び改善要望を行った
  • 昭島市昭和記念公園の鹿やインコ、猿、孔雀、うさぎ等の飼育改善を求め、市議会議員の協力も得て少しずつ改善が行われている
  • 熊本県藤崎八幡宮での馬追祭りの廃止と改善の要望を行った
  • フクロウカフェの飼養改善に取り組んだ
  • 全国の動物園の動物の扱いについての改善要望を行った
  • 館山市城山公園のサル、キバタンの飼育改善に取り組んだ(継続中)
  • 秋田県熊牧場と甲府市の動物園の飼育改善について英国の団体と協力して取り組んだ
通期全国20人動物の問題、現状を知らない人
調査
  • 全国の水族館、動物園の動物の扱いについての現地調査を行った
通期東京4人動物の問題、現状を知らない人
3:菜食と健康に関する事業
イベント開催
  • ヴィーガンランチ会を開催
6/10全国20人100人
啓発
  • ヴィーガン、ベジタリアンのライフスタイルについての情報サイトHachidoryの運用を行った
  • ヴィーガンレシピの開発を行った
通期東京6人エシカル消費やヴィーガンに興味のある10万人
4:目的を達成するための広報事業 : 報告は2に含みます

(2)その他の事業

事業名事業内容期間事業場所従事者人数受益対象者
物品販売事業通販サイト、及びイベント会場等で、動物問題を啓発することを目的としたアピールグッズ(Tシャツ、ステッカー、バッジ、バッグ、本)の制作と販売を行なった通期東京10人動物問題に関心のある人々

会計報告

活 動 計 算 書
[税込](単位:円)
自 2018年 4月 1日  至 2019年 3月31日
非営利事業その他事業合計
【経常収益】
  【受取会費】
    正会員受取会費1,833,000
    サポート正会員受取会費612,000
    賛助会員受取会費24,000
    学生正会員受取会費54,000
    ライト会員受取会費825,000
  【受取寄付金】
    受取寄付金11,634,644
  【受取助成金等】
    受取助成金2,164,779
  【事業収益】
    事業 収益743,601
    講師料・原稿料142,384
    受託事業収益285,747
    その他事業収益216,000
  【その他収益】
    受取 利息87
    受取手数料465,536
        経常収益  計18,257,177743,60119,000,778
【経常費用】
 事業費
      給料 手当77,36420,00097,364
      役員報酬2,665,5602,665,560
      法定福利費395,439395,439
      業務委託費55,10555,105
      印刷製本費377,270204,495581,765
      チラシ費722,8773,340726,217
      広告・宣伝費28,93828,938
      動物医療費保護費170,742170,742
      会 議 費15,18015,180
      会場費418,980418,980
      旅費交通費743,57432,856776,430
      調査費470,985470,985
      車 両 費186,703186,703
      通信運搬費461,882219,237681,119
      新聞図書費(事業10,87410,874
      消耗品費264,600103,758368,358
      備品102,664102,664
      修 繕 費46,4262,60849,034
      IT関連費494,077494,077
      水道光熱費52,6962,96255,658
      地代 家賃1,216,62668,3371,284,963
      賃  借  料2,6902,690
      保 険 料13,35075014,100
      諸 会 費70,86670,866
      租税 公課2,9002,900
      支払手数料45,7303,53049,260
      為替 差損2,3581332,491
      雑   費1,8011,801
        事業費計9,118,257662,0069,780,263
 管理費
      給料 手当700,381700,381
      役員報酬82,44082,440
      法定福利費12,23412,234
      業務委託費0
      印刷製本費1010
      チラシ費4,0094,009
      広告・宣伝費0
      動物医療費保護費0
      会 議 費0
      会場費0
      旅費交通費970970
      調査費0
      車 両 費0
      通信運搬費59,15059,150
      新聞図書費(事業0
      消耗品費9,4789,478
      備品1,7751,775
      修 繕 費3,1303,130
      IT関連費20,78320,783
      水道光熱費3,5523,552
      地代 家賃82,02382,023
      賃  借  料0
      保 険 料900900
      諸 会 費0
      租税 公課0
      支払手数料7,9467,946
      為替 差損158158
      雑   費0
        管理費計988,939988,939
            経常費用  計10,769,202
              当期経常増減額8,231,576
【経常外収益】
    経常外収益  計0
【経常外費用】
    経常外費用  計0
        税引前当期正味財産増減額8,231,576
        法人税、住民税及び事業税70,000
        経理区分振替額0
          当期正味財産増減額8,161,576
          前期繰越正味財産額20,785,412
          次期繰越正味財産額28,946,988

 

貸 借 対 照 表
[税込](単位:円)
全事業所2019年 3月31日 現在
資 産 の 部負 債 ・ 正 味 財 産 の 部
科  目金 額科  目金 額
 【流動資産】 【流動負債】
  (現金・預金)  預 り 金14,100
   現   金15,465  未払法人税等70,000
   PAYPAL円307,229   流動負債  計84,100
   ゆうちょ・総合口座1,143,402負債の部合計84,100
   ゆうちょ・12758316,754,967正 味 財 産 の 部
   ゆうちょ・18536613,267 【正味財産】
   ゆうちょ・189160AD1,086,534  前期繰越正味財産額20,785,412
   三菱東京UFJ銀行8,811,450  当期正味財産増減額8,161,576
    現金・預金 計28,732,314   正味財産 計28,946,988
  (棚卸資産)正味財産の部合計28,946,988
   貯 蔵 品112,774
    棚卸資産  計112,774
     流動資産合計28,845,088
 【固定資産】
  (投資その他の資産)
   敷   金186,000
    投資その他の資産  計186,000
     固定資産合計186,000
資産の部合計29,031,088負債・正味財産の部合計29,031,088

 

事業の内訳

管理費988,9399.18%
動物問題全般関わる事業1,638,67815.22%
パートナー動物に関する事業267,2482.48%
菜食と健康に関する事業767,0997.12%
畜産と環境に関する事業4,636,88843.06%
ファッション素材に関する事業1,113,36010.34%
実験に使われる動物に関する事業235,8652.19%
展示動物に関する事業457,8374.25%
野生動物の保護に関する事業1,2820.01%
物品販売事業662,0066.15%