キャンペーン 法改正・行政関係

動物愛護法改正すべきポイント:国会議員に意見を届けよう

今国会で改正予定の動物愛護法、署名をして、提出して、でもまだもっとできることがあります!
私たち3団体(アニマルライツセンター、動物実験の廃止を求める会、PEACE 命の搾取ではなく尊厳を)は、すべての動物を守れる法律を求め、動物取扱業も、実験動物も、畜産動物も、展示動物も、特定動物も、今全く無視されている両性類も魚類も、守られるような改正案を提案しています。

この法律ができたときは、実験動物も畜産動物も重視されていたのに、はじめの改正のときに犬と猫に偏った差別的な法律に変わってしまいました。今もなお、日本のほとんどの動物が守られていません。

緊急!愛護法改正に畜産動物を含めて! 党や地元の議員にハガキを出そう

これまで

→院内集会のご報告はこちらから

→署名提出の進捗はこちらから

みなさまから、ご自身が住んでいる地域の国会議員の先生に、このように改正してほしいのだと伝えてくださいませんか?

残りあと2ヶ月!

どうか、みなさまのお力、貸してください!!!

超わかる、アクションガイド(PDF)
これをダウンロードして印刷して読むとすごくよく分かる!(はず)

議員提出用 重要ポイント(PDF)
※印刷用に背景を白にし、言葉遣いを直してあります。

 

Comments (0)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。