動物実験に反対するサイト

NAVS: The National Anti-Vivisection Society http://www.navs.org/ NAVSは非営利のイリノイ州の教育組織です。NAVSは、倫理的・科学的理論を尊重し、生体実…

Focus On The Future 動物実験がなくても医学は発展する

THE TRUTH HURTS. どうして動物実験がもたらす人間への弊害を伝えないのでしょうか? 以下の生物医学研究事業は真の科学-精密で予言となり適用できる結果―をもたらす。患者に危険を課さず、人間の病気と効果的に闘う…

記事・論評・意見書より:猿たちは毛皮を着た人間ではありません。

『Nonhuman primates are not furry-looking humans』 猿たちは毛皮を着た人間ではありません 。猿たちが人間と99%同じDNAを持っていることは周知の事実です。 様々なテレビ番組…

記事・論評・意見書より:ローバーのリベンジ

人の健康に犬たちは貢献したでしょうか。 毎年、何百万匹もの犬たちが行政施設や保護施設内で処分されています。 その犬たちを単純に処分するよりも、調査用の実験動物として研究所へ移送してはどうか、という提案が公然とされています…

記事・論評・意見書より:代替法の模索

人間にとって真に有用な結果は動物実験から生まれていますか?   投書 DOI:10.1038/nbt0502-431b May 2002 Volume 20 Number 5 pp 431 – 43…

記事・論評・意見書より:動物って本当は奇妙な「人」が変装しているだけ?

同じ病気にかかった動物と人との治療がいかに違うか、ということを獣医科大学や医学学校の生徒に聞くと強いショックをうけます。 例をあげてみましょう。人は伝染病にかかると、ペニシリンを処方されますが、実験動物は違います。人に先…

記事・論評・意見書より:Dr. Greekの著書の批評

Sacred Cows and Golden Geese メディアの批評 Mae-Wan Ho博士のウェブサイト(http://www.i-sis.org)より 最悪な動物実験 Sacred Cows and Golde…

動物実験による50の人への害

人体の理解と人体を苦しめる病気に戸惑い、何世紀ものあいだ、動物実験は研究者を間違った方向へ導いてきました。 それは有効な科学から限られた資源をそらすだけではありません。革新、治療、療法を遅らせることによって、苦しみを長引…

記事・論評・意見書に書かれた、動物実験についての意見

動物実験についての知識をもう少し・・ 記事・論評・意見書より Nonhuman primates are not furry-looking humans 猿たちは毛皮を着た人間ではありません。 霊長類の権利に関する論議…

Japanese For Medical Advancementとは

FMA(Japanese For Medical Advancement)は、Americans For Medical Advancement(AFMA)の日本語サイトであり、 Dr.Greekをメディカルアドバイザー…