Campaign Layer chicken

#CageFreeJapan Contest Results

Thank you for sending us videos, photos, and episodes of many chickens who are kind, intelligent, and worth their lives on their own. Every chicken was wonderful and adorable and it was difficult to make the selection, but the Animal Rights Center Japan board members voted for the chickens and their episodes, and chose the following.

Grand Prize: Displaying the very character of the chickens!

北海道旭川市の 星 穏佳 さんと同居している鶏たち。

「ケージ飼育知らずににわとりかいをしました。知って涙なしにいられませんでした。周りは狭いところが飼うのがあたりまえ。自分はその飼い方にいつしか疑問を持つようになりました。
嘴を切る必要性の無さ、
オスのにわとりをミンチにする無意味さ、
すべて不自然。
農業も不自然ですが、畜産はもっともっと不自然。」

「冬は小屋の中?閉じ込める?
んなことしなくても、寒くなれば
勝手に小屋に帰るよ。
だって、うちら自由にうごける足があるしさ。」

Outstanding: Great co-existence of chickens and humans!

愛知県の野田典子さん家族と同居しているちっぷさんとあんこさん。

「ストレスなく快適に暮らす事は人間以外の生き物にも当たり前の権限だと思います」

Like a tomboy ^^

丸岡圭一さんの家に勝手に住み着いたフランキー。

View this post on Instagram

12年前、庭で放し飼いにしてたニワトリのフランキー君。かなりの凶暴性で、目が合うと襲ってくるやんちゃな子。 もともと捨てられてた子で(まあこの気性の荒さじゃしょうがないかな)、勝手に我が家の庭に居座っていた。 #cagefreejapan ケージフリー。この言葉を聞いた時、フランキーが頭をよぎったのでこの写真を投稿してみようと思った。 ケージフリーは自由で良いよね。 ケージフリーは動物の本来の姿が見られる。 ケージフリーだったからフランキーは私を楽しそうに襲って来るし、 ケージフリーだったから、私とフランキーとの距離感も、慣れ合い過ぎず、互いに距離を保てていた。 しかし、それは突然だった。 ケージフリーだったからだよね。フランキーはタヌキに襲われてしまい、大自然の一部へと還っていった。 ケージフリーにも色々あるよね。 わたし自身、ケージフリーなんだ。 いつ消えるか分からない。 わたしも還るのだろうか。 還りたいだろうか。 いや、まだまだ遊びたいな。 そう感じた今日この頃。 今年も残暑は厳しいようで、 #cagefreejapan

A post shared by 丸岡 圭一 (@maruokakeiichi) on

Very lively!

千葉県のErinaさんと一緒に生活をしているストライプちゃんとゴールドちゃん。

「毎日100パーセントの愛情を込めて 一緒に生活しています。
お散歩へ出掛けると、ケージの中とは違って、目の輝きや行動が凄くいきいきとし その姿を見ている私もそれが凄く幸せな時間です。
養鶏場の動画を拝見させて頂きましたが、正直衝撃的で観ていられませんでした。普通食べている卵の陰でこんな現実があったとは凄くショックで考えさせられました。」

Life worth living even without having to fight (they are cock-fighting breed)

沖縄県の本田京子さんと住んでいるケンタッキー1号さん、2号さん、3号さん。

「庭も好きだけど クーラー効いてる部屋も好き」

Everyone’s part of the family

神奈川県のTabassumさんと暮らしているこーちゃん、スナイナさん、サラさんなどたくさんの鶏さんたち。

「40羽のいろんな鶏たちと暮らしています。みんな私の子供たち 自由に遊んでいるから毎日いろんな表情を楽しみ学んでいます。」

Being in battery cages must have been awful…

東京都八王子市の Amitiウジイエ さんと暮らしている小春(こはる)、歩(あゆみ)、希(のぞみ)。

「我が家には以前から、数匹のノネコと犬が同居していましたが、
ニワトリ小春が来てからというもの、彼女の凛とした行動力は圧倒的で、私をも含め「ウジイエ家」の24時間を支配している感があります。」

「アーちゃん(歩=あゆみ)とノンちゃん(希=のぞみ)がバタリケージから救出されて、
我が家に連れて来られた時は、本当にゴミのようにボロボロの状態でした。
私は2羽のあまりの悲惨な状態に、びっくりして「こんなコッコを私に預けられても・・・mmm」
本当は内心困っていました。
2羽とも全く歩けず、アーちゃんは立ち上がることも出来ず、尻もちをつたままで羽は短く切られ、
羽毛もまばらで、骨だらけの小さい汚い体。
ノンちゃんは、左足の骨が折れて曲がって5本の指を広げることも出来ず、じーっとうつむいたまま。
体の羽はアーちゃんと同じ様に、短く切られ、、羽毛もなく汚れてゴミ箱から出てきたような有様。
その子達が、少しづつこの家に馴染み、餌をたくさん食べ、自然の中で癒やされていく中での生命力の回復には眼を見張るものがありました。」

Sure this chick will grow happily

神奈川県の けめこ さん家のペヨ丸ちゃん。

「鶏にも1羽ずつ性格も個性もあり、顔も違います。うちの有精卵が孵化したのですが、人の手のぬくもりを感じながら懸命にいのちの火をともしています。どの生き物にも運命があるとは思うのですが、命を尊ぶことを忘れてはいけないと思います。」

A couple to look up to

鹿児島県湧水町の お多福たまご さん家のチャボちゃん夫婦。

「放し飼いは圃場の整備、害獣対策など、大変な事もありますが、砂遊びをしたり、草や木の実をついばんだり、お昼寝したり、日がな一日それぞれ好きなように暮らす姿を見ていると、とても癒されます。鶏の起源は原生林だといわれています。木々の中でのんびり散歩する姿を見ると、とても幸せそうに感じます。」

How adorable ^^

アメリカ、ワシントン州で とんちゃんママ さんと仲良くなった チキちゃん たち。

What an amazing encounter

茨城県の田中真実さんの霊夢(れいむ)さんとのお話し。

Capturing the wise-ness of the chicken

SeikaVegeさんが可愛がる三重県にいるぴーちゃんたち。

「ふわふわのお尻は、卵をあたためるため。」

We also received other posts on SNS with #CageFreeJapan:

Please keep posting with hashtag #cagefreejapan !

https://www.instagram.com/explore/tags/cagefreejapan/

 

Cosponsoring companies compassionate toward animals

Thank you for all the great prize items (here) !

 

LUSH Japan Fresh Handmade Cosmetics

VEGAN SHOP FREE Animal Liberation Since 2016

VegeHeart Gluten-free & Vegan Online Shop

Marukome Company, Ltd 日本のあたたかさ、未来へ

San-iku Foods 穀菜食で心と体の健康を願って100年

Comments (0)

Leave a Reply