子どもを産むために飼育される豚たち

繁殖用のメスの豚は、生後8カ月程度で初めての種付け(人工授精か、オスとの交配)が行われます。 交配後、メスの豚たちは1頭1頭が別々の檻(妊娠豚用ストール)へ入れられます。 この妊娠豚用ストールのサイズはとても狭く、方向転…

肉用に飼育される豚の実態

豚の素顔 豚は探索システムが極端に活発な動物です。 自然に近い環境で過ごす豚は、日中の52%を餌を探したり草をはむことに使い、23%を歩き回って周囲を調べることに費やします。 鼻であちこち掘り返して調べたりさまざまな草や…

妊娠豚ストール(クレート)をなくそう!

妊娠豚用ストールとは、母豚を効率的に管理するために生み出された、豚を閉じ込める檻のことです。 自分の体とちょうど同じサイズの檻であるため、豚たちは、身動きが取れません。 運動させてもらえることは、ありません。 日本では、…

牛肉にされるために飼育される牛

牛の寿命は20年ほどと言われていますが、肉用に飼育される牛は2年から2年半ほどで出荷、と殺されます。 霜降り肉がもてはやされる日本では、肉牛の多くは牛舎内で一生のほとんどの時間を過ごしており、特に肥育後期にはより太るよう…

ミルクを生産するために使われる牛たち

人間と同じで、牛の乳も子供を産まなければ出ません。牛の繁殖はほぼ100%人工授精でおこなわれています。よ りたくさんの乳を搾り取るために、出産後1~2カ月で次の人工授精が行われます。 雌の牛たちは、人工授精→妊…

鶏のバタリーケージをなくそう

2012年1月1日、ヨーロッパ連合の鶏たちにとって大きな変化の日となった。鶏のバタリーケージが禁止され、平飼い・エンリッチドケージへの移行が義務付けられたのだ。 これにより、EUだけでも年間1,800万羽の鶏の苦しみが軽…

バタリーケージの卵を食べたくない!キャンペーン

バタリーケージとは、卵を取るために飼育されているメスの鶏が入れられている檻のことです。 1羽あたりに与えられる広さは、22cm×22cmが一般的な広さですが、これは鶏自身の大きさと同じまたはそれよりも小さいス…

バタリーケージの卵を食べたくない!キャンペーン

「バタリーケージの卵を食べたくない!キャンペーン」 過密状態で動物を大量に飼育する現代の「工場型畜産」は、持続可能な農業からかけ離れており、生産効率を優先したその工場の中で畜産動物たちは苦しみ、絶望の中で短い一生を過ごし…