講演会を開こう!講師派遣します

講演会やイベントの講師をご依頼ください

講師の派遣

アニマルライツセンターから、講師を派遣いたします。
動物の権利、動物 に優しいライフスタイルに関するテーマの中で、 テーマはイベントの趣旨にあわせ対応させていただきますので、このページのお問い合わせフォームから、または03-3770-0720へお問い合わせください。

演目

1:肉食と環境問題

肉食が及ぼす影響を、データをもとにご説明します。
今日の夕飯はなんにしよう。という悩み、個人的な悩みだと思っていませんか?
もし、あなたが今日の献立に動物の肉を使った料理を考えているなら、あなたはさまざまな問題に悪影響を与えています。

  1. 地球温暖化
  2. 森林破壊
  3. 水資源の枯渇と汚染
  4. 食糧問題(飢餓の問題)
  5. 動物の運命
  6. あなたの健康
  7. 暴力性

などについてお話します。

2:畜産動物のアニマルウェルフェアの重要性

アニマルウェルフェアってなに?

動物を食べる、それをやめる、ただそれだけでは、問題は解決しません。
動物は食べ物として生まれてくるのではないことを理解し、その生きる環境を、より自然に近づけることもアニマルライツ運動の一環です。
自然の中で健康に育つ=人間の健康や食の安全につながる、これを実現しようとすると、畜産動物の数を大幅に減らす必要が出てきます。しかし、それが適正な数なのです。
VEGANになり動物の犠牲を減らすとともに、配慮された環境整備の重要性を伝えます。

3:アニマルライツを知ろう

動物は人間の飼育下で様々な問題に直面しています。
畜産動物、実験動物、家庭動物、展示動物、、、動物の権利を守らなくてはならないケース、それはどうして必要なのかを、事例を交えてお話します。

4:東京オリンピック・パラリンピックとアニマルウェルフェア

オリンピック会場や選手村で出される食事には、基準が設けられています。
その基準が、2020年の東京オ五輪、これまでのロンドン大会やリオ大会から大きく後退します。

どんな仕組みになっているのか、なぜ必要なのか、どう影響するのか、海外アスリートの反応は?
畜産動物のアニマルウェルフェアの説明とともにお話します。

5:動物園は残酷か?

日本の動物園の現状、本来の動物の行動、動物園が主張する種の保存等について、アニマルライツの視点から解説します。そして今後私達は動物園をどう改善できるのか、娯楽をどうしていくのか、エンリッチメントとはどうやって実現するのかなど、お話します。

これまで講演・勉強会の例

  • 青山学院大学でアニマルライツについての講義を行いました。
  • 環境イベントや、ベジタリアンイベント、ARイベントで、畜産と環境についての講演を多数行っています。
  • 神奈川県総合高校 環境シンポジウムで、「エコと肉食 -日本の食生活では地球は36億人しか養えない-」の講義を行いました。
  • 両国高校附属中学校で「犬や猫の殺処分その根本解決のために」の講義を行いました。
  • 女優の松田美由紀さんがホストとなる、69の会で「毛皮」「畜産動物」についてお話しました。
  • 立教大学でアニマルライツ(毛皮と畜産問題(環境含む))について講義を行いました。
  • 横浜国立大学でアニマルライツ(毛皮と畜産問題(環境含む))について講義を行いました。
  • 一橋大学の学園祭でミートフリーマンデーや畜産の問題について講義を行いました。
  • 東京都市大学で卵についての講義を行いました。
  • 立正大学で動物園、畜産の問題について講義を行いました。
  • 川越の映画館での映画公開イベントで畜産動物の問題について講演を行いました。
  • エシカルコンシェルジュで講義を行いました。
お問い合わせファーム
返信に時間がかかることがあります。あらかじめご了承ください。 ※携帯メールアドレスの場合ご返信が届かない可能性があります。 ※匿名、ハンドルネーム、必要事項未記載や虚偽の記載のお問い合わせ、特に返信不要と判断したものに関しては返信をしておりません。あらかじめご了承ください。