動物たちのために力を尽くしています

アニマルライツセンターは現在6名の理事、1名の監事がいます。
また、事務局スタッフ、全国の会員、全国のボランティア、全員がアニマルライツセンターを動かしています。
一部のメンバーを紹介します。

代表理事 岡田千尋

ほんの少し人以外の動物たちに譲歩するだけで、社会は大きく変わります。動物たちを搾取しない社会の実現は、それほど困難なものではないはずです。

人以外の動物に対する残酷な行為は、実は、私達人間自身をも、追い込んでいきます。今の動物の立場が、いつ、人間に置き換わってもおかしくはありません。動物への扱いを考えるということは、人間自身への扱いを考えるということにつながります。
一度、今の私達人間の生活を、動物の側から見なおしてみてください。これまでとは違った世界が見えてきます。
そして、この問題を、自分のこととして捉え、一緒に解決にむけて進み始めて下さい。動物のため、環境のため、ひいては人間のために、一歩を踏み出す勇気を・・・。

理事 小池美穂子

美味しいヴィーガン料理が食べたい!肉魚卵乳製品不使用でもボリュームがあって栄養バランスの良いビーガン料理を知ってもらいたい!
子供の頃から動物が好きなのに、何の疑問も持たず動物を食べていました。2005年、偶然インターネットで屠殺の映像を見て衝撃を受けヴィーガンになる事を決心しました。
卵不使用のオムライス、乳製品不使用のグラタン、牛肉不使用のハヤシライス、などなど子供からお年寄りまで大好きなレシピをビーガンの料理に開発研究しています。近所のスーパーで手に入る材料で安く簡単に早く出来る事をモットーにしています。

1

理事 Pyura

実は私も毛皮製品を買ってしまったことがあるのです。動物が殺されているなんて知らなかったのです。そこから色々調べて、お肉はきれいなパッケージに入っているおいしい食べものではなく、感情豊かな動物だということにやっと気がつき、動物が苦しむことのないように何かしなければ!という思いで月に一回定例会を開いているアニマルライツセンターに駆け込み活動が始まりました。

私達ひとりひとり声をあげていくことが大切です。

もっと動物たちの声を伝えていくために、定例会に参加してみてください。

理事 池田真一

社会的に最も弱い立場の動物が大切にされる社会は、人間に対してもやさしい社会となるでしょう。
動物が受けている行為が許されるかどうかは、その動物の一生が自分のものと入れ替わったときに、どう思うかを考えると簡単にわかります。
次の世代のために素晴らしい社会に変えていきませんか。

理事 立川平林

テレビを付けても、動物たちの犠牲の上でしか成り立たない番組ばかり。
現代の食生活や娯楽が間違いであることに、気づきにくくさせている世の中を正していきたい。
落語家としての稼業を活かし、アニマルライツの視点から作品を伝えて参ります。特に中高生など若い世代への教育を大切にしていきたいです!

アニマルライツセンター理事渡辺由香

理事 渡辺由香

子供の頃、庭にやって来ていた仲良しの猫達が次々に病死したことに無力を感じ獣医になりました。
しかし、臨床現場で治療がかえって動物達を苦しめてしまっていないか?経済システムの標的にされていなか?と疑問を感じることも多く、余計なことはしないで穏やかに自宅で看取れるケアをモットーに自然療法にたどり着きました。又、在学中経験した致死実験、屠場見学、実験動物や畜産動物の非人間的な扱いに心を痛めるも仕方ないことと感情のフタをして生きていたところ、アニマルライツの活動を知り、フタをしている場合でないと目が覚めて、食生活、暮らしを見直し、微力ながら活動に参加させて頂いています。