DAYS JAPAN 7月号「さようなら、はな子」に寄稿

6月20日に発売された、DAYS JAPAN7月号の巻頭緊急企画「さようなら 井の頭自然文化園のゾウ はな子」に、アニマルライツセンターも記事を書かせていただきました。 日本中で話題になったゾウのはな子の死、本来のゾウと…

井の頭公園の象はな子が亡くなった、必要なのは二度と象を閉じ込めないこと

井の頭自然文化園の孤独な象(アジアゾウ)、はな子が亡くなった。 1949年からこれまでずっと、人の目に晒され、狭い檻に閉じ込められ、使役され続けた。 彼女の一生は、人間のいっときの娯楽のために、すべて奪われた。 「雨水が…

糸満ハーレー アヒル取り競争の廃止を

沖縄・糸満市で毎年旧暦5月4日に行われる『糸満ハーレー』 その中で「アヒル取り競争」がおこなわれています。  アヒルを漁港に投げ込み、怯えて逃げまどうアヒルを捕まえて、賞品として持ち帰るイベントです。 動物の苦悩や苦痛を…

豚のロディオ 2017年から廃止に

廃止をお願いしていた愛媛県西予市の豚のロディオですが、2017年からの廃止が決定しました。 2016年5月17日に、「奥地の海のかーにばる実行委員会」に確認したところ、 今年度については豚のロディオを実施するが(代替を用…

活動 Empty The Tanks 「水槽を空にせよ」

イルカショーのための捕獲及びイルカの監禁と搾取に反対する国際イベント EmptyTheTanks 2016-5/7。 日本でも「水槽を空にしよう!」と二週連続で新江ノ島水族館前でプロテストを行いました。 一週目はイルカ問…

愛媛県西予市の「豚のロディオ」廃止署名

2017年からの廃止が決定しました http://www.arcj.org/animals/sacrifice/00/id=884 豚のロディオとは 愛媛県西予市三瓶町(せいよしみかめちょう)では、毎年8月に開催される奥…

Good News フクロウカフェの生きたフクロウを景品企画、中止になりました!

フクロウカフェ3軒が、集客のためのスタンプラリーに生きたメンフクロウを景品とした事に対し、動物保護団体4団体連名(NPO法人 アニマルライツセンター・アニマルウェルフェア推進ネットワーク・NPO法人 動物実験の廃止を求め…

フクロウカフェが生きたフクロウを景品に!中止を要望

生きたフクロウを景品とすることは中止してくださいました! 早急な決断に感謝いたします。 神奈川県、東京都のフクロウカフェ3軒が、集客のためのスタンプラリーの抽選で生きたメンフクロウを景品としてプレゼントするという企画をは…

海外Good News シーワールドはシャチの飼育の終わりを宣言

2016/3/17、米国のシーワールド(SeaWorld Entertainment, Inc. (NYSE:  SEAS))は、シャチの展示、繁殖は現在飼育している世代で終了することを米国動物福祉団体HSUSと共同で発…

動物園の霊長類

「人工飼育だったため他の仲間に交わることができない」という理由で、1頭でつながれたまま展示されているメスのリスザル。 約20年間つなぎ飼いされています。本来自然界では、リスザルは最大500頭の複雄複雌集団で暮らす生き物で…

NO動物園バッジでアピールしよう

NO動物園を訴えるバッジが出来ました。 動物園、それは動物を狭い檻に監禁する悲しい場所。 動物園の動物たちは、本来広い森のなかや草原などで暮らすはずだったのに、人間のいっときの楽しみのために、一生を檻の中で過ごします。 …

ミラノファッションウィークで動物はピエロじゃないアピール!

2016年2月26日、ミラノファッションウィークでのElisabetta Franchiのショーは、ほぼ完全なアニマルフリーのヴィーガンファッションショーになりました。80点の洋服には”Animal Free…

【猛禽類カフェ】不適切な飼育は、法令や基準を利用してお店へ意見を。改善されなければ動物愛護行政へ通報を。

自分の好きなように動物を飼育することは誰にもできません。きちんとした規則が存在します。ペットショップ、動物園、ふれあいカフェ、隣の家の犬猫など、「扱いがひどい」「かわいそうだ」と感じたら動物愛護管理に関する法令・基準など…

逗子市の残念な公園 披露山公園

神奈川県逗子市の高級住宅地の上の高台にある海を見渡せる披露山公園、景色が美しいと現地の人に勧められていってみると、なんと哀れな孔雀、たくさんのインコ、アヒルとカモ、鳩、烏骨鶏、モルモット、亀、そして猿が狭い檻に囲われてい…

「しながわ水族館」芸が動物の賢さなのか?

しながわ水族館には5頭のイルカがいます。 4匹のハンドウイルカと、驚いた事にハンドウイルカとカマイルカの間に生まれた「ホップ」というイルカがいます。「種の保存」をかかげる水族館がなぜ自然界にはない種を作り出したのか。これ…

円山動物園へ厳しい改善勧告 – マレーグマ暴行死

2015年7月24日 札幌市円山動物園において、メスのマレーグマ「ウッチー」(推定30歳以上)が、同居中のオスのマレーグマ「ウメキチ」(5歳) から少なくとも20分にわたる激しい暴行を受け、翌日死亡。 この同居は、繁殖を…

多摩動物公園2-水鳥について

多摩動物公園に、動物の飼育環境の改善をお願いしていますが、現在のところほぼ改善いただけていない状況です。 中でも特に問題ある飼育であると判断した水鳥について、東京都動物愛護相談センターに指導をお願いしました。 写真を見て…

2015年夏「サーカスに動物はいらない!」活動 - ボリショイサーカスのバックヤードの熊たち

2015年夏 ボリショイサーカスのバックヤードのクマ バックヤードで保管されているクマたちの様子です。 炎天下の中、扇風機一つで、せまい檻に入れられています。 全国6ケ所。一ヶ月以上の長い公演を、クマたちはこの狭い檻の中…

2015年夏「サーカスに動物はいらない!」活動 - レニングラードサーカス

レニングラードサーカスでは、クマが使用されています。 写真のこの白いトラックにクマが入れられています。 写真では分かりませんが、このトラックはずっとユラユラ単調に揺れていました。 狭い檻に閉じ込められたクマが、この中で動…

チンパンジーのサンクチュアリ

チンパンジーのサンクチュアリ Save the Chimps,では、東京ドーム約13個分の広さの土地に、12個の島があり、動物園などのエンターテイメントや動物実験施設などから救出したチンパンジー254人が暮らしている。 …