魚も痛みを感じる 道徳的な違いを取り去って下さい

日本の魚消費量は年々減っています。それは率直に良いことでしょう。 海から多くの魚たちが消えていっていますし、絶滅にひんしている、または居なくなった魚もいます。洋食では海に大量の抗生物質をあなたの近くの海にもつながっている…

魚や甲殻類の動物福祉に関する、各国の法規制・ガイドライン・企業の取り組みなど

OIE(世界動物保健機関) 水生動物衛生規約のなかで、福祉的な養殖魚の輸送方法と殺し方を規定しています。 水生動物衛生規約「養殖魚の輸送時の動物福祉」(CHAPTER 7.2.WELFARE OF FARMED FISH…

魚類や甲殻類の人道的な捕獲、さばき方

オーストラリア ニューサウスウェールズ州のガイドライン魚類や甲殻類の人道的な捕獲、さばき方(Humane harvesting of fish and crustaceans)を翻訳しました。 より詳細な魚類・甲殻類の殺…

魚や甲殻類(ロブスター・イセエビ・カニなど)の人道的な殺し方

生きたロブスターやイセエビをいきなり頭と胴体部で真っ二つにすると言う方法は日本では珍しくありません。ロブスターやイセエビやカニを、生きたまま沸騰した熱湯の中に放り込むという方法も、一般的に行われています。 日本では魚や甲…

カニさんトンネル

動物への配慮の話し。 「カニさんトンネル」 沖縄に住んでるオカガニやイワガニは、5月下旬から10月の満月の夜、ふ化直前の卵をたくさん抱え、マングローブの林から出て海に向かうそうです。こども達を海に放すためです。 しかし、…

生きたロブスターを真っ二つにした会社が動物保護法違反で有罪に。

甲殻類 甲殻類は痛みを感じるため、配慮されるべき対象である。 オーストラリアにおける甲殻類の扱い 2017年2月 Nicholas Seafoodsは、ロブスター屠殺方法が動物残虐にあたるとして有罪判決を受けた。 オース…