「すべての動物に思いやりを」Tシャツ限定販売開始

ご要望の多かった「すべての動物に思いやりを」Tシャツを限定販売します。 2020年1月26日に開催した March for Animalsのシンボルロゴから生まれた 春夏向けのさわやかなデザイン。 オーガニックコットン1…

動物たちの苦しみをなくしたい。どうか活動を支えてください!

苦しみの中で短い一生を赤ちゃんのうちに終える肉ように飼育されるヒナたち。 体を揺らしながら呼吸をする状態は鶏として異常な状態、緊急の状態です。 しかし養鶏業において治療は行われません。  効率化を求め、完全にいきすぎた…

OIE陸生動物衛生規約 第7.10.章 アニマルウェルフェアと肉用鶏生産システム(日本語訳)

OIE(世界動物保健機関・国際獣疫事務局)の陸生動物衛生規約の7章はアニマルウェルフェアについてですが、日本政府はこの作成に携わり税金を使っているにも関わらず、日本語訳を公開していません。OIEは獣医師が集まり科学的根拠…

岩手県勉強会「スーパーの卵はどこからやってくる?日本の畜産動物たちの現状」

9月14日(土)に、アニマルライツセンターによる東北地方での初の畜産動物についての勉強会「スーパーの卵はどこからやってくる?日本の畜産動物たちの現状」を行います。 まだ動物の問題についてあまり知らない人にとっても、すでに…

マッケイン・フーズとホテルショコラが日本でもケージフリー

マッケイン・フーズ マッケイン・フーズは、業務用のポテト製品や冷凍食品などを扱う世界最大規模の食品製造メーカーです。マッケイン・フーズのホームページ(英語)には以下のような記載があります。 マッケイン・フーズはフライドポ…

もっとも虐げられていながらもっとも支援の手がさしのべられていない動物

世界は人間にとって少しずつ良くなってきていますが、畜産動物にとってはどんどん悪くなっています。 工場畜産は、50年前に比べて11倍も多くの動物を収容しており、FAOの予測どおりならば、2050年までに900億の畜産動物が…

動物を囲って闘わせ、傷ついた動物を捨て、殺す。闘鶏の禁止を求める

小さな囲いの中に2羽のオスの軍鶏(シャモ)を入れ逃げ場をなくし、闘わせ、それを楽しみまた金をかける。 鶏は頭から、体から血を流し、骨まで見える状態になり、勝ち負けが決まる。 負けて使い物にならなくなった鶏を、容赦なく遺棄…

OIE採卵鶏の動物福祉規約に意見:抵抗する業界、おどろきの認識

2018年12月19日、昨年に引き続き、OIE「アニマルウェルフェアと採卵鶏生産システム」の再検討案が示されました。前回の案への各国の意見や科学的データが反映され、不十分であったアニマルウェルフェアが比較的充実した内容に…

マリオット・インターナショナルがケージフリー!(日本も含む)

ザ・リッツ・カールトン、シェラトン、ウェスティンなど有名ホテルブランドを運営するマリオット・インターナショナルが日本も含めて2025年までにケージフリーになることが分かりました。

鶏の頚椎脱臼は人道的なのか?

結論から言うと、人道的ではありません。 頚椎脱臼とは 鶏の頚椎脱臼とは、おもに農場内で鶏を淘汰するときや緊急時に使用される殺処分方法です。 そのやり方は、鶏の首を引っ張ると同時に首を後ろ向けの方向にすることで、頭蓋骨と脊…