アニマルウェルフェア キャンペーン 魚・甲殻類 アニマルウェルフェア キャンペーン 魚・甲殻類

サーモンの苦しみを止めよう

スコットランド首相への公開要望書に署名しよう

先天異常。病気。生きたまま自分の体を食べる寄生虫・・・。
衝撃的な新たな調査は、スコットランドの養殖場で無数のサーモンが毎年苦しんでいることを明らかにしました。

さらに、この業界は2030年までに2倍の規模になるとされており、日本はこの産業の成長を経済的に支えています。日本は2019年には1,194トンものサーモンを輸入しました。2018年の763トンと比べると1.6倍近く増加しました。

敏感で知的な動物に対する残虐行為を終わらせるために、今行動することが必要です。

今すぐスコットランド政府への公開要望書に署名してください。スコットランド政府に、この産業の無謀な拡大を止め、より多くの動物の苦しみを止めるように促してください。

公開要望書に署名

スコットランド政府への公開要望書に署名してください。

スコットランドのサーモン養殖の無責任な成長を食い止めるため、産業の拡大を停止するよう要求してください。

First name = 名
Last name = 姓
Email address = メールアドレス
畜産動物保護団体 Compassion in World Farming からキャンペーンや
募金に関するニュースを受け取りたい場合は「Yes, I am in」を✅

幅広い苦しみ

スコットランドのサーモン業界についてのこれまでで最大の暴露は、寄生虫の蔓延および衝撃的な死亡率を伴う業界全体での苦しみを明らかにしました。

スコットランドは、世界で3番目に大きな養殖大西洋サーモン(アトランティックサーモン)の生産国です。毎年5600万匹近くの魚が養殖され、日本を含む50か国以上に輸出されています。しかし、産業が拡大するにつれ、動物たちの犠牲も増大しています。新しい映像は、業界の96%以上を占めているスコットランド最大のサーモン生産者5社における恐ろしい状況を明らかにしています。

調査員が見た実態

  • 寄生虫の魚ジラミに皮膚を食い尽くされるサーモン
  • 傷口から生える海藻、無くなっている肉体の一部
  • 汚れた低酸素の水の中にいる魚
  • 野外の穴に廃棄された魚の死体、それによるバイオセキュリティリスク
  • 混雑した不毛な檻の中で生きている魚とその間に浮かんでいる死んだ魚

これらの状態の一部はアニマルウェルフェア法に違反していますが、調査員が見つけたものの多くは単に一般的なものです。調査員が訪れたある養殖場の状況は非常に悪かったため、当局に報告されています。

それにもかかわらず、スコットランド政府はこれらの水中工場式養殖の拡大を後押ししています。さらに何百万ものサーモンが苦しみ、貴重な野生の生息地が失われる可能性があります。

今すぐスコットランド政府への公開要望書に署名してください。スコットランドのサーモン養殖の無責任な成長を食い止めるための拡大停止を要求してください。

拡散してください

お友達やご家族にも公開要望書の署名をお願いしてください。スコットランドのサーモン養殖の無謀な拡大から魚と環境を保護するための戦いには、一人でも多くの署名が必要です。

動物たちに対する本当のコスト

残酷で不自然

野生では、大西洋サーモンは何千キロも移動します。しかし、スコットランドの養殖場では不毛で混雑した檻の中に閉じ込められ、彼らは最大2年間泳ぎ回る以外に何もできません。

魚ジラミ

病気や寄生虫の魚ジラミは、これらの集約的な環境では繁殖します。これらのシラミは痛い傷を負わせ、魚を生きたまま食べるだけではなく、それらを取り除くための処理は、化学薬品浴やお湯へさらすなど、魚にさらなる痛みとストレスを引き起こします。私たちが見つけた魚の多くは、無数の魚ジラミを持っていました。

高い死亡率

スコットランドの養殖場での魚の死亡率は衝撃的です。これらの許されるべきでない死傷は、病気、寄生虫、怪我、および取り扱いに対する悪い反応などによるものです。調査では、死んだ魚が囲いの中で浮かんでいるのが見られました。

掃除魚

檻の中には「掃除魚」も閉じ込められており、業者は彼らを使って魚ジラミを取り除きます。これらの知的な生き物は多くの福祉問題に苦しんでいます。それらの利用は効果がなく貴重な命が無駄になることもあります。 鮭の飼育が終わると、スタニングなしですべてが廃棄されます。

環境への影響

死んだ魚は埋め立て地に投棄され、野生動物にさらされることがあり、バイオセキュリティのリスクをもたらす可能性があります。

一方、スコットランドのサーモン養殖場からの魚の廃棄物や化学物質による水質汚染は、養殖魚が逃れることができない有害な藻類の繁殖を引き起こすこともあります。さらに、これらの農場から環境に放出された化学物質の多くは、魚、鳥、哺乳類に有毒であることが知られています。

どうぞ、今すぐ行動して、
何百万もの魚が苦しむのを止めてください。


Comments (0)

コメントを残す