リアルファー付き動物のおもちゃは縮小傾向 いっぽう製造を続ける会社も・・

販売の自粛が拡がる一方で、ドギーマンのように今後も販売を継続するという企業もあります。

ファッションに動物の犠牲はいらない!署名にご協力ください

毛皮のための犠牲をゼロにするために 署名してください!!!   2017年、150万4千頭の動物たちが、日本人の毛皮(リアルファー)消費のために、犠牲になりました。 グッチ、アルマーニ、ベルサーチ、ユニクロ、H…

Good news!!! ルクセンブルクが毛皮生産を禁止!

6月15日、ルクセンブルクは毛皮の生産を禁止したヨーロッパ10番目の国になりました。 新しい動物福祉法が制定され、その中で毛皮のために動物を飼育することが禁止されています。実際には、ルクセンブルクにはすでに毛皮農場が存在…

カナダのミンクファーム あまりにひどい現実

2018年5月11日、カナダの動物権利団体LCA(Last Chance for Animals)は、カナダのミンク農場の調査映像を公開しました。さらに同日、このミンク農場はオンタリオ州SPCA法に基づき14の動物虐待罪…

オランダの銀行ラボバンク、毛皮業界との縁を切る

農業分野における資金調達の国際的リーダーシップをとるオランダの銀行ラボバンクが、毛皮(リアルファー)産業を促進することを終わらせるとアナウンスしました。この動きは、先週公表された新しい持続可能性に関する枠組みの政策の一部…

フィンランドのモンスターフォックス、苦しみ続く

毛皮農場の新たな写真、映像には重度の目の感染症、激しい皮膚のシワ、足のひどい奇形、そして異常な肥満状態の動物が映し出されています。彼らは不毛な金網のケージに監禁されています。獣医師によると、これらの状況は動物に対しひどい…

毛皮反対キャンペーン

街頭での毛皮反対キャンペーンを定期的に行っています。 毎回関心を持ってチラシをとってくださる方が多く、「オレのこれは大丈夫?」と自分のコートのフードのフワフワを気にする人もいます

Good news! インドがアザラシの毛皮・スキンの輸入禁止

2018年4月2日、インドのDirectorate general of foreign trade (DGFT 海外貿易総局)は、アザラシの毛皮とスキンの輸入を禁止することを決定した。これまでカナダでの非人道的なアザラ…

Good news! インドがアザラシの毛皮とスキンの輸入禁止を決定!

2018年4月2日、インドのDirectorate general of foreign trade (DGFT 海外貿易総局)は、アザラシの毛皮とスキンの輸入を禁止することを決定した。これまでカナダでの非人道的なアザラ…

Good news! ジョン・ガリアーノがファーフリーへ!

2018年4月3日、ELLEフランスの中でジョン・ガリアーノ(John Galliano)と動物の権利団体PETA副代表ダン・マシューズ(Dan Mathews)のインタビュー記事が掲載され、その中でジョン・ガリアーノが…