と畜場に連れていかれる豚 残酷なシーンは一切ありません。1分間だけ、この豚のことを思いやってみてください。

1分だけ、彼の気持ちを思いやってみてもらえませんか? 残酷なシーンは一切ありません。 生まれてからずっと自由を知らない豚たち、彼の最後の日が、せめて晴れていてよかった。 雨だと外を見ても悲しいから。 苦しみや恐怖、悲しみ…

「目指すのは地域循環型養豚」 神奈川県南足柄 こぶた畑

相原 海さん、佑子さん夫妻が運営するこぶた畑は神奈川県南足柄の山の上、梅や蜜柑の木が枝を茂らす坂を上り、カボチャやナスなど無農薬野菜が実をつける小さな畑を通りすぎた先にある。 (放牧場に放されている母豚。右奥には泥場もあ…

フロリダ憲法-第21条 妊娠中の豚に対する残酷で非人道的な監禁の制限

日本ではブタの妊娠ストールは一般的な飼育方法ですが(2014年時点で88.6%で使用)、海外ではヨーロッパを中心に、多くの国や州が妊娠ストールを禁止しています。 アメリカのフロリダ州でも、2008年から妊娠ストールを禁止…

ブタの妊娠ストールをなくそう

 妊娠豚用ストールとは、母豚を効率的に管理するために生み出された、豚を閉じ込める檻のことです。 自分の体とちょうど同じサイズの檻であるため、豚たちは、身動きが取れません。 運動させてもらえることは、ありません。 日本で…

動かない厚生労働省 – と畜場で水が飲めない動物たち

日本ではと殺における動物福祉について拘束力のある規制がなく、ほとんどの動物がと畜場で水が飲めない状況です。  

身体的な拘束とともに、退屈の虐待を受けている妊娠豚ストールの母豚の気持ちを体感しよう。

妊娠豚ストールに入れられた母豚たちは、身体的な拘束とともに、退屈の虐待を受けている。 なにもすることがない、いつも同じ眺め、うすぐらい周囲、、、 母豚の気持ちを、体感しよう。 使い方 「YOU」ボタンを押してください。 …

「養豚農業の振興に関する基本方針」について国民からの意見 全258件のうち、動物福祉に関する意見は210件。

「養豚農業の振興に関する基本方針」の検討における国民の皆様からの御意見 ・御要望の募集についてhttp://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_kikaku/140710.html2014.9…

養豚農業の振興に関する基本方針について意見を聴く会 アニマルウェルフェアについての議論はされませんでした。

2015.2.6 「第2回 養豚農業の振興に関する基本方針について意見を聴く会」の傍聴に行ってきました。 http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_kankyo/150126.html…

ブタの去勢 ほぼ100%の豚に麻酔無しでの去勢がおこなわれています。

日本のオス豚の94.6%が*1麻酔なしで去勢がおこなわれています。 去勢をするのは、肉の『雄臭』を防ぐためです。 雄の子豚は、生後1週間以内に、農家の人の手により外科的去勢(物理的に睾丸を除去)されます。 外科的去勢のや…

子どもを産むために飼育される豚たち

繁殖用のメスの豚は、生後8カ月程度で初めての種付け(人工授精か、オスとの交配)が行われます。 交配後、メスの豚たちは1頭1頭が別々の檻(妊娠豚用ストール)へ入れられます。 この妊娠豚用ストールのサイズはとても狭く、方向転…