動かない厚生労働省 – と畜場で水が飲めない動物たち

日本ではと殺における動物福祉について拘束力のある規制がなく、ほとんどの動物がと畜場で水が飲めない状況です。  

身体的な拘束とともに、退屈の虐待を受けている妊娠豚ストールの母豚の気持ちを体感しよう。

妊娠豚ストールに入れられた母豚たちは、身体的な拘束とともに、退屈の虐待を受けている。 なにもすることがない、いつも同じ眺め、うすぐらい周囲、、、 母豚の気持ちを、体感しよう。 使い方 「YOU」ボタンを押してください。 …

「養豚農業の振興に関する基本方針」について国民からの意見 全258件のうち、動物福祉に関する意見は210件。

「養豚農業の振興に関する基本方針」の検討における国民の皆様からの御意見 ・御要望の募集についてhttp://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_kikaku/140710.html2014.9…

養豚農業の振興に関する基本方針について意見を聴く会 アニマルウェルフェアについての議論はされませんでした。

2015.2.6 「第2回 養豚農業の振興に関する基本方針について意見を聴く会」の傍聴に行ってきました。 http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_kankyo/150126.html…

ブタの去勢 ほぼ100%の豚に麻酔無しでの去勢がおこなわれています。

日本のオス豚の94.6%が*1麻酔なしで去勢がおこなわれています。 去勢をするのは、肉の『雄臭』を防ぐためです。 雄の子豚は、生後1週間以内に、農家の人の手により外科的去勢(物理的に睾丸を除去)されます。 外科的去勢のや…

母豚の一生-拘束施設「妊娠ストール」

母豚の一生 子どもを産むために飼育される母豚は、生後8カ月程度で初めての種付け(人工授精か、オスとの交配)が行われます。 種付け後、メスの豚たちは1頭1頭が別々の檻(後述する「妊娠ストール」)へ入れられます。 このストー…

肉用に飼育される、豚の一生

豚の素顔 豚は探索システムが極端に活発な動物です。 自然に近い環境で過ごす豚は、日中の52%を餌を探したり草をはむことに使い、23%を歩き回って周囲を調べることに費やします。 鼻であちこち掘り返して調べたりさまざまな草や…

母豚を拘束する「分娩ストール」とは

子どもを「生産」ために飼育される母豚は、一生のほとんどをストールという拘束機器の中ですごしている。 妊娠期間中は「妊娠ストール」に、そして出産の少し前から子供が生まれて離乳する生後21日までの間は「分娩ストール」に閉じ込…