記事・論評・意見書より:Dr. Greekの著書の批評

Sacred Cows and Golden Geese メディアの批評 Mae-Wan Ho博士のウェブサイト(http://www.i-sis.org)より 最悪な動物実験 Sacred Cows and Golde…

動物実験による50の人への害

人体の理解と人体を苦しめる病気に戸惑い、何世紀ものあいだ、動物実験は研究者を間違った方向へ導いてきました。 それは有効な科学から限られた資源をそらすだけではありません。革新、治療、療法を遅らせることによって、苦しみを長引…

記事・論評・意見書に書かれた、動物実験についての意見

動物実験についての知識をもう少し・・ 記事・論評・意見書より Nonhuman primates are not furry-looking humans 猿たちは毛皮を着た人間ではありません。 霊長類の権利に関する論議…

Japanese For Medical Advancementとは

FMA(Japanese For Medical Advancement)は、Americans For Medical Advancement(AFMA)の日本語サイトであり、 Dr.Greekをメディカルアドバイザー…

動物実験が人を救えない理由の裏に潜む「科学」

科学とは??? 人間の病気に関する研究と治療のための動物モデルの使用は、科学の利用といえるでしょうか。この文章ではその疑問にこたえます。 Americans For Medical Advancement (AFMA)は…

動物実験ではない方法

ヒトを基準とした方法があるにも関わらず、なぜ異種の擬似科学の調査を人間の病気に当てはめ甘受しようとするのでしょうか? それとは逆に、ヒトを基準にした有益な方法論が多く存在します。古くから存在する方法、もしくは新しい方法で…

動物実験について、動物実験関係者はなんと言っているのか?

なぜ私たちは利害関係のある人々の発言を引用するのか。 人の疾患の動物モデルについて動物実験に利害を持つ人々はなんと言っているのでしょうか、そして私たちはなぜ彼らの発言を引用するのでしょうか。 利害関係グループ 科学には社…

動物実験をなくすためにあなたにできること

動物の未来はあなたの行動次第です。 動物実験を疑う= 動物と人間では、代謝も遺伝子もことなります。チンパンジーと人間もかかる病気や治療もことなります。   動物実験を行わない企業の化粧品、食品等を選ぶ &nbs…

動物実験に反対するサイト

NAVS: The National Anti-Vivisection Society http://www.navs.org/ NAVSは非営利のイリノイ州の教育組織です。NAVSは、倫理的・科学的理論を尊重し、生体実…

Focus On The Future 動物実験がなくても医学は発展する

THE TRUTH HURTS. どうして動物実験がもたらす人間への弊害を伝えないのでしょうか? 以下の生物医学研究事業は真の科学-精密で予言となり適用できる結果―をもたらす。患者に危険を課さず、人間の病気と効果的に闘う…

VICTORY! コーセー「2013年上期より廃止」「今後も行わない」

動物実験廃止企業が新たに誕生しました! 去る9月10日、美しさに犠牲はいらないキャンペーン実行委員会(CFB)がコーセー本社を訪れ、化粧品の動物実験廃止を要望していましたが、9月29日、提出した要望書に対する回答がコーセ…

「動物実験は今後もしない」役員が言明!コーセーに要望書と署名を提出

本日9月10日、化粧品の動物実験廃止を要望するべく、日本橋にあるコーセー本社を訪問しました。   これまでコーセーは、動物実験の廃止に比較的前向きな姿勢を示してきましたが「廃止した」という確たる情報は得られてい…

神奈川県 実験動物施設の管理

神奈川県保健福祉部との交渉 2013 ARCは、「いのくら(県民のいのちとくらしを守る共同行動委員会)」の保健医療部階の位置団体として、毎年神奈川県保健福祉部交渉に出席し、以下の点について要求し、交渉しました。その内の論…

ブラジル サンパウロ州が化粧品の動物実験を禁止!

  2014年1月23日、南半球最大の都市であるブラジル サンパウロ州のGeraldo Alckmin州知事が、2013年12月に議会が可決した化粧品、香水、トイレタリー製品の開発の動物実験を禁止する法律に署名…

神奈川県 実験動物施設の管理2013

神奈川県保健福祉部との交渉 2013 ARCは、「いのくら(県民のいのちとくらしを守る共同行動委員会)」の保健医療部階の位置団体として、毎年神奈川県保健福祉部交渉に出席し、以下の点について要求し、交渉しました。その内の論…

化粧品開発における動物実験に関する意識調査 業界誌に論文掲載されました

2013年2月に行った化粧品開発における動物実験に関する意識調査の詳細および考察をまとめた論文が化粧品業界氏である「FRAGRANCE JOURNAL(フレグランスジャーナル)」2013/11月号に掲載されました。 調査…

中国の化粧品のための動物実験、規制緩和へ

中国では、化粧品の販売にあたり、動物実験が義務付けられている。日本でも禁止されていないが、化粧品の成分に求められているものであり、一般の化粧品の製品自体に義務付けがあるのは中国だけになっている。 そのため、これまで動物実…

実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準へのパブリックコメント

以下は2013/7/12締め切りのパブリックコメントでアニマルライツセンターが送付した意見です。 実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準(平成18年環境省告示第88号) ▼意見1 <該当箇所> 資料4の1ペー…

ICCR7 第7回化粧品規制協力国際会議 ステークホルダーセッションご報告

化粧品規制協力国際会議(ICCR)第7回第7回 2013/7/8-10 東京 第7回は、中国、ブラジルの規制当局であるAQSIQ及びANVISAもオブザーバーとして参加していた。 また、7月9日に、ICCR規制当局は、利…

美しさに犠牲はいらない 化粧品の動物実験を考えるシンポジウム 2013/3/10

シンポジウムレポート! 3月10日の美しさに犠牲はいらない 化粧品の動物実験を考えるシンポジウムは、大盛況の元、終了いたしました。   対談では強さと美しさをもつ杉本彩さん、生駒さん、だからこそ語れる、芸能界と…