2019年にフランスの金賞をとったフォアグラ農場の実態

フランスの動物権利団体L214はあるフォアグラ農場の調査を行った。その農場は2019年にフランス農業省が行うフランス農業コンクールで金賞を獲得した農場だ。そしてその農場は農業高校の生徒の実習受け入れをしており高校生がフォ…

定例ボランティア会議2020年1月

アニマルライツセンターはこの定例ボランティア会議を毎月欠かさずに16年続けています。 動物たちを救いたいと思う人達の交流の場であり、意見交換の場であり、アイデアが出る場でもあります。 2020年も続けます! アニマルライ…

満員のため締め切りました:アニマルライツ勉強会2020年1月[アニマルウェルフェアの今]

満員のため締め切りました 2020年1回目の勉強会は、アニマルウェルフェア全般について、アニマルライツセンターの取組みや世界の流れ、動物たちの現状など全般的にお話します。 講師はアニマルライツセンター代表理事岡田が務めま…

中国の畜産動物福祉の動向

法律・ガイドライン 法律 畜産法(2006年) 豚屠殺管理条例(2008年) 豚屠殺実施方法管理条例(2008年) 動物に適切な飼育環境を与えること。輸送は必要な空間、食べ物、水を与えなければならないこと、人道的な屠殺の…

アカネの一生
現代ビジネスに寄稿した記事で取り上げた乳牛として使役され、苦しみの中で2019年に一生を終えたアカネの一生を紹介します。 アカネは近隣の農場で生まれ、生まれて2ヶ月後、死ぬまで過ごすことになる農場に売られてきました。 す…
国が意見を募集中!「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」「家畜改良増殖目標」「鶏の改良増殖目標」

小難しく長いタイトルでひるんでしまいそうですが、 日本の酪農業と肉牛業の健全な発展のために何をすればよいか、それから鶏・牛・豚の「改良」をこれからどのようにすすめていけばよいか?国民の皆さん、意見をください。 と、国が求…

1月26日(日)マーチに参加してください! 動物のために力を結集しよう。March for Animals~すべての動物に思いやりを

すべての動物に思いやりを 動物たちの苦しみ、なくしたいと願う人々源流は、「思いやり」「共感」「やさしさ」です。 他者を思いやれる心は、誇れるものです。なくしてはならないものです。 持続可能性を最も脅かすことは、差別や暴力…

採卵鶏を苦しめる「品種改良」

近親交配 ブロイラー(肉用鶏)と同じく、日本の採卵鶏のほとんどは、海外で「品種改良」された外国鶏種だ。国産鶏種の卵は市場の6%ほどしかないと言われている。 採卵鶏の「品種改良」もブロイラー同様寡占状態にあり、世界中の採卵…

動物たちの苦しみをなくしたい。どうか活動を支えてください!

苦しみの中で短い一生を赤ちゃんのうちに終える肉ように飼育されるヒナたち。 体を揺らしながら呼吸をする状態は鶏として異常な状態、緊急の状態です。 しかし養鶏業において治療は行われません。  効率化を求め、完全にいきすぎた…

養豚業のアニマルウェルフェアの意識-妊娠ストール使用率に変化なし。だが群飼育への切替や麻酔を検討する会社も。

畜産(豚・鶏・牛)におけるアニマルウェルフェア実態調査は、2014年に国産畜産物安心確保等支援事業として畜産技術協会が行ったものが最後のものですが、豚に関しては2015年以降、アニマルウェルフェアの調査が継続されています…